取扱商品

非表示カテゴリ(削除しないでください)

キッズ&ジュニア

 

お子様にとってのメガネはファッションではなく、
視力の発達に関わる問題を解決するための大切な視力補正器具です。
年齢や視力の状態に応じた適切なメガネを選びましょう。


 

子供の視力について

一般的に生まれたばかりの赤ちゃんは明暗がわかる程度ですが、生後6ヵ月を過ぎると外界のものが見えるようになってきます。その後「見る」という自然の訓練を通して徐々に視力を発達させ6歳頃までに完成(視力1.0)されます。
実はこの時期までに正確に見える状態にしないと、その後は見る能力や機能が発達せずに視覚障害が起こることもあります。
つまり6歳までは、お子様の目にとって大きな影響を与える重大な時期なので『この子は大丈夫だろう』とすぐに判断せずに、3歳児検診などで眼科医の検査を受け、日頃からお子さまの視力について気を配りましょう。
子供の成長と視力

<日頃のお子様の目をチェックしましょう>
このような仕草や行動をとる場合はご注意を!
 
目を細める ■ものを見るとき
・目を細める
・テレビや絵本などに顔を近づけて見ようとする
・頭を左右どちらかに傾ける、顔を左右どちらかに回す
・上目づかい(下目づかい)でものを見る
・屋外に出ると非常にまぶしがる・嫌がる
内斜視 ■目の様子
・目が内側に寄っていたり、外側に外れている
・瞳の中央(奥の方)が白く光る
・目が揺れてみえる
・まぶたの形(大きさ)に左右差がある
集中力なし ■行動
・良く物にぶつかる
・距離感がつかめていないような気がする
・集中力や落ち着きがない

 検査をせずに『この子はちゃんと見えている』と思っていませんか?
お子様の目のトラブルを見逃さないために、視力や目の状態を早い段階で把握しましょう!
治療用眼鏡と等の保険適用について
 
<小中学生のお子様>
学校生活で教室の黒板が見えないと不便どころか授業内容が分からなくなりますのでご注意を!
 
学校では「3.7.0方式」と言う視力検査で黒板の見え方を基準にお子様の目をチェックします
A…1.0以上 健康で正常です(健常視力)
B…0.7以上1.0未満 教室のどこからでも黒板の字が一応見える最低視力
C…0.3以上0.7未満 黒板の文字が席によっては見えにくい状態です
D…0.3未満 一番前の席でも黒板の文字が見えにくい状態です
CとDでは学業に影響が出てしまうので先ずは眼科医の受診をお勧めします。
教室
 
お子様の視力が1.0あるからといって必ずしも安心というわけではありません。遠くは見えているのに近くが見えていない事もあります。近くを見る視力が悪い状態を「近見視力不良」といい、教科書やノートの文字がはっきり見えない状態なので学習や運動の能力をうまく発揮できずにいるケースがあるのです。
正しい視力はお子様自身ではなかなか気付きません。身近な方が「もしかしたら」と思ったら、眼科を受診し検査をしてみましょう。結果がよければ安心ですし、必要ならば視力を促すメガネを作ってあげてください。本人が見えるようにしてあげることが大切です。
笑顔の写真

子供のメガネフレーム

ただ大人用のメガネを子供にサイズダウンし置き換えただけでは子供のメガネは不適切です。
お子様に最適なメガネを選ぶことによって視力訓練の成果向上や視機能の発達につながるのです。

A お子様に顔にフィットしたフレームサイズ
B 軽くて丈夫な取り扱いのしやすいフレーム素材
C お子様特有の手荒な扱いでも安心なアフターケア
D とにかくお子様が気に入ったメガネであること  

 
A お顔とサイズ
子供用メガネのサイズ選びは、お子様の成長に合わせてワンサイズ上のものをと子供服選びと同じ感覚でついつい選びがちですが、サイズの合わないメガネだと適切な視界が確保できなかったり、メガネがずり落ちる事があったりして良くありません。メガネのフレームはお子さまの顔に合ったサイズで、よくフィットし、ずれにくいものが理想です。
眼鏡のサイズ
 
B 軽くて丈夫な取り扱いのしやすいフレーム素材
メガネに慣れていないお子様でも、嫌がらずに長い時間掛けても快適な軽くてしなやかなフレームがお勧めです。
どんな元気な動きにもしっかりと正しい位置を保てる工夫がなされた機能性があるフレームは、メガネの取り扱いが不慣れで活発なお子さまがかけても安心です。
子供の写真
 
C お子様特有の手荒な扱いでも安心なアフターケア
■1年間フレーム無料修理保証
当店でお買い求めいただいたメガネフレームはお買い上げから1年以内の破損修理は無料といたします。
※但し、修理不能の場合は部品交換となりますので、実費が発生いたします。
■パーツおよびメンテナンス無料
当店でお買い求めいただいたメガネフレームはフィッティング、調整、クリーニング、更に鼻パットやネジなどのパーツまで全て無料でメンテナンスいたしますのでご安心して、お気軽にお越しください。
※但し、特殊パーツを使用したフレームの場合は実費が発生いたします。
■レンズ保証
お作り頂いてから半年以内であればレンズ交換無料とさせて頂きます。更に半年から1年の間は半額でレンズ交換を承ります。
 
D とにかくお子様が気に入ったメガネであること
子供用メガネ選びのポイントとして何より大切なことが「メガネを気に入って毎日掛ける」と言う事です。
お子様がメガネを掛ける目的は“視力の矯正”や“視能訓練”が大きな目的です。メガネは「掛けなくてはいけない」ものですが、「掛けたくない」と感じると使用時間が減少しそれらの目的が薄れてしまいます。
たとえ機能性・実用性に優れていたとしても気に入らないものは「掛けたくない」そう思う気持ちは、大人も子どもも同じです。
お子様が笑顔で毎日使い続けるメガネをご提供できたら幸いです。
子供の写真
 

お子様のメガネを作ろう

・Step1/眼科受診と処方箋の発行
お子様が見えにくそう、または学校健診などで検査用紙を受け取った場合は 眼科を受診いただく事をお勧めいたします。
なぜなら視力が出ない原因は、近視などの屈折異常だけではありませんので眼科専門医の診察を受け、目の奥や機能などに異常がないかしっかり見てもらいましょう。
そして必要に応じて眼科医より眼鏡処方箋を発行してもらってください。
※小学生以下のお子様のメガネ作製には、処方箋が必要です。中学生以上のお子さまは、店舗での視力測定が可能です。
眼鏡処方箋
 
・Step2/フレームとレンズのご注文
お子様の目の幅(PD)やお顔のサイズ、目の状態を考慮しながら丈夫で変形しにくく、掛け心地が調整しやすいと言った機能を持つ、お子様のお気に入りのメガネフレームをセレクトいたします。
レンズは軽くて割れにくいプラスティックレンズがお勧めです。
それに加え傷に強いハードコートのレベルアップやゲーム機の画面から発生するブルーライトを軽減する機能が付いたレンズの装用もお勧めです。
 
<子供用スポーツメガネ/スポーツゴーグル>
お子様のスポーツ用メガネはよりきっちり顔にホールドする事ができる機能が付いたフレームに、普通のレンズよりも強度の高い割れにくいレンズの組み合わせをお勧めいたします。
又、万が一ボールや人と接触してしまった場合にも衝撃をおさえ壊れにくく、お子様の怪我を防止するスポーツゴーグルのご使用もご検討ください。
競技によっては試合に出場する際メガネではなく、スポーツゴーグルの着用を求められる事もあります。
子供用スポーツサングラス
 

メガネの受け取り

使用する店内在庫レンズでお作りの場合は最短約30分でお渡しする事が可能です。
※レンズをメーカーに発注する場合は2〜7日ほどお時間が必要です。
 
仕上がったメガネでお子様の顔に合わせて最終のフィッティングをいたします。
お子様それぞれに合わせ適切なフレームの掛け位置を考慮し、長時間メガネを装用しても違和感なく、激しい運動をしてもずれにくい専門店ならではのスキルを持って調整いたします。
 

定期メンテナンス&クリーニング

どうしても取り扱いが荒くなるお子様のメガネは、日々の使用で変形し掛け心地が悪くなりがちで、成長に合わせてフィッティングも調整しなければなりません。
「メガネが歪んでいる」
「メガネが下がり気味」
「耳の後ろがうまく合っていない」
「メガネを掛けると鼻や耳を痛がる」 等
と言ったメガネを掛けているお子様の様子に違和感を感じたら状況に合わせて都度調整いたします。
又、クリーニングやネジなどパーツの状況確認などでも気になる事があればお気軽にご来店ください。
 
 

9歳未満の治療用眼鏡(小児弱視)等の保険適用について

9歳未満の小児の治療用眼鏡・コンタクトレンズの購入について、健康保険が適用されます。

<支給対象>
「小児の弱視・斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズ」が支給対象となります。
近視や乱視などの、単純な視力補正のための眼鏡は保険適用外です。
また、斜視の矯正等に用いるアイパッチおよびフレネル膜プリズムについては保険適用外です。

対象者
9歳未満の被扶養者

給付額
児童福祉法の規定に基づく補装具の種目
「弱視眼鏡(36,700円)」「コンタクトレンズ(15,400円/1枚)」×1.048を上限とし実際支払った金額の7割が保険給付されます(小学校入学前は8割給付)。
<例>
30,000円の眼鏡を購入 30,000円×0.7=21,000円 
50,000円の眼鏡を購入 38,461円(支給上限額36,700円×1.048)×0.7=26,922円

2回目以降に購入するとき
· 5歳未満の小児に係る治療用眼鏡等については、前回購入時から装着期間が1年以上あること
· 5歳以上の小児に係る治療用眼鏡等については、前回購入時から装着期間が2年以上あること
 
 
· 申請の流れ
ヽ栃欷荏塙隋雰鯤檗⊆卻檗国保)に申請する
· 必要書類
● 眼科医発行の「治療用眼鏡等」の作製指示書(処方箋)
指示書

● 療養費支給申請書(加入している保険組合よりお取り寄せください)
● 購入した「治療用眼鏡等」の領収書(処方箋より日付が後であること)
領収書

· 申請方法
1.眼科医発行の「治療用眼鏡等」の処方箋を受け取る
2.保険組合へ直接ご連絡の上、「療養費支給申請書」の交付を受ける
3.眼鏡の購入店にて「対象者本人名」が記載されている「治療用眼鏡等」の領収書を受け取る
4.上記1〜3の書類をまとめて保険組合へ提出
5.保険組合にて支給対象かどうかを審査し、認められれば支給額上限内にて支給されます。
※ただし、支給対象と認められない場合があることもご承知おき下さい。
※1.3.は自治体のこども医療費助成申請の際にも必要ですので、必ずコピーをご用意ください。

⊆治体へこども医療費助成の申請をする(助成を受けている場合)
· 必要書類
1.眼科医発行の「治療用眼鏡等」の作製指示書(処方箋)
指示書

2.購入した「治療用眼鏡等」の領収書
領収書

3.支給決定通知書(,濃抖觚紊吠欷荏塙腓発行)
4.申請書・印鑑・医療証(子・乳)、健康保険証など

必要書類、申請方法は自治体によって異なるため、ホームページや窓口でご確認ください。